ぐらにっき

模型製作・生物や植物・スポーツ観戦など、趣味に関するブログ。

User Tag [選手名鑑 ]を含む記事一覧

スポンサーリンク

プロ野球選手名鑑ネタ25:井口資仁

千葉ロッテの井口選手が、今シーズン限りでの引退を発表しました。井口選手も日米通算2,000本安打を達成しています。2001年には30本塁打40盗塁を達成。この頃のダイエー打線は凄まじい破壊力だった。井口選手の他にも松中、小久保、城島、バルデス...打撃だけでなく、盗塁王2回の足・ゴールデングラブ賞3回の守備と、走攻守3拍子揃った選手で、勝負強い印象もあります。2005年にシカゴ・ホワイトソックスに移籍。フィリーズ→パ...

プロ野球選手名鑑ネタ24:青木宣親

先日、ヒューストン・アストロズの青木選手が日米通算2,000本安打を達成!入団2年目に首位打者と新人王。NPBで2度のシーズン200安打。首位打者を3回、盗塁王を1回、ゴールデングラブ賞も6回獲得。まさに安打製造機といった活躍で、ミスター・スワローズと言っても良い背番号1も背負いました。2012年に、ポスティングシステムで米大リーグ・ブルワーズに移籍。その後はロイヤルズ→ジャイアンツ→マリナーズ→アストロズと移籍。頭...

プロ野球選手名鑑ネタ23:井端弘和

荒木選手の事を書いたら、井端選手(現巨人コーチ)の事も書きたくなりました。アライバコンビは最強でしたね。2人とも打って良し、守って良し、走って良し。個々の能力も素晴らしいのですが、コンビとなると1+1が3にも4にもなる感じ。打撃では何でも出来る1・2番で相手をかき回し、守備ではセンターに抜けようかというあたりを、2人の連携プレーで何度アウトにした事か!そんな井端選手の入団時の寸評を紹介したいと思います。井...

プロ野球選手名鑑ネタ22:荒木雅博

先日、中日ドラゴンズの荒木選手がプロ通算2000本安打を達成しました。2000本安打自体が素晴らしい記録ですが、バントや進塁打など、チームバッティングが要求される役回りでの達成ですから、本当に素晴らしい記録です。2000本目も、「らしい」ヒットでした。2000本安打を達成する選手になるとは、正直思わなかったです。代走や守備固めに終始する選手かな、と。背番号2も変更になるかな、なんて思っていました。スイッチ転向も結...

プロ野球選手名鑑ネタ:その21

今年も買ってあります、選手名鑑。今回は、今年の新外国人選手の寸評を見てみようと思います。一昨年、新外国人選手の寸評を紹介しましたが、今でも残っているのはバルデスだけ。ナニータは1年目は全然パッとせず。しかし、残留。2年目の昨年は開幕から20試合連続ヒット。1年目に1本も打てなかったホームランも打つようになり、これはついに「左のルナ」か!?と思いきや、故障でフルシーズン働けず。ルナもそうだったけど、ナニ...

プロ野球選手名鑑ネタ:その20

今年のプロ野球は日本ハムが日本一に。日本シリーズで敗れはしたものの、セ・リーグ優勝の広島の躍進も目立ちました。今年の4月1日に、野球好きな友人とやり取りしたメールの中で、セ・リーグの順位予想をしていました。その時の私の予想は...1.中日 2.ヤクルト 3.DeNA 4.巨人 5.阪神 6.広島長年プロ野球見てますが、見る目が無いな(笑)。ひっくり返した方が実際の順位に近いんじゃないのか?DeNAの3位だけ予想的中。春先...

プロ野球選手名鑑ネタ:その19

横浜DeNAの三浦投手が、今シーズン限りでの引退を発表しました。200勝までもう少しだったので、まだ頑張って欲しかった選手です。背番号18は「横浜ナンバー」と名付け、相応しい選手が出てくるまで封印する、準永久欠番とするそう。中日も山本昌さんの34は、そうして欲しかったなあ。というか、永久欠番にするかと思ってたのに。それでは、三浦投手のルーキー時の寸評を、いつもの選手名鑑から引用します。三浦大輔 投手 19歳 1...

プロ野球選手名鑑ネタ:その18

今年も買ってきました、プロ野球選手名鑑。もちろん、日刊スポーツグラフの奴。表紙をめくった最初のページが、ソフトバンクの柳田選手。首位打者含むトリプルスリーでMVP。凄い選手になりました。そんな柳田選手のルーキー時の寸評を当時の選手名鑑から。柳田悠岐 外野手 23歳 2010年ドラフト2位 背番号44福岡ソフトバンクホークス広島6大学野球で4度の首位打者と6度のベストナインに輝いた。遠投125メートル、50メートル5秒9...

プロ野球選手名鑑ネタ:その17

中日の谷繁監督兼選手、和田、小笠原、朝倉の4選手が現役引退を発表。昨日は朝倉投手の最終登板、今日は和田が4番、小笠原が5番でスタメン出場。小笠原選手は日ハム時代から好きな選手で、最初のFAの時に中日に来てくれないかなーと熱望していました。巨人での出番が無くなってからのFA移籍で中日に入団したわけですが、晩年とはいえ嬉しかったです。では、いつものやつで小笠原選手のルーキー時の寸評を。小笠原道大 内野手 24...

プロ野球選手名鑑ネタ:その16

プロ野球はオールスター休みも終わり、今日から後半戦スタート。そのオールスターゲームでは、プロ入り19年目で初出場した巨人の鈴木選手が話題になりました。一度も規定打席に到達した事がないものの、通算200盗塁を達成しています。その半分以上が代走で決めたもの。警戒されまくりの中で決めるんだから、凄い記録だと思います。でも、打撃も結構いけると思うんですけどね。そんな鈴木選手の入団当時の寸評です。鈴木尚広 内野...

プロ野球選手名鑑ネタ:その15

中日の和田選手がプロ通算2,000本安打を達成しました!和田選手おめでとう!!大学、社会人を経てプロ入り。プロ1年目が25歳。最初の5シーズンの安打数が、4→17→13→52→63。30歳になる6年目のシーズンにレギュラー定着、140安打を記録。そこからですから、よくぞここまでという感じですね。和田選手のルーキー時の寸評を、当時の選手名鑑から。和田一浩 捕手 25歳 1996年ドラフト4位 背番号22 西武ライオンズ50メートル6秒0、...

プロ野球選手名鑑ネタ:その14

各出版社から、プロ野球選手名鑑が出揃う時期になりました。私は毎年、日刊スポーツグラフのポケットサイズを購入しています。1992年版から手元に残っていて、これらを元に「プロ野球選手名鑑ネタ」を書いています。いつもは選手の過去の寸評を引用していますが、今回は我がドラゴンズの新外人選手の寸評を見てみたいと思います。アマウリ・リーバス 投手 30歳 背番号42ブレーキのかかったチェンジアップが得意。鋭いスライダー...

プロ野球選手名鑑ネタ:その13

中日・阪神で活躍した、大豊泰昭さんが先日亡くなりました。個性的な選手でした。51歳は早すぎますね。とにかくパワフルな打撃。「勇者ライディーン」が思い出されます。1994年には本塁打と打点の二冠王。打率も.310でリーグ7位。あの「10.8」の4番打者。その翌年、1995年度版の選手名鑑から。大豊泰昭 内野手 32歳 1988年ドラフト2位 背番号55 中日ドラゴンズ一本足打法も3年目で完成の域に。2年連続本塁打王を狙う謹んで、...

プロ野球選手名鑑ネタ:その12

育成ドラフト4位で入団した近藤弘基外野手。キリッとした、お父さん似の顔立ちですね。お父さんは近藤真市投手コーチ。現役時代、「プロ入り初登板でノーヒットノーラン」達成。もう伝説の試合ですね。リアルタイムでテレビ中継観てたけど、あそこまでドキドキした試合もそうそう無いです。8月デビューで、ルーキーイヤーは4勝(5敗)。その内の3つが完封勝利。確か、ノーノーの次の試合が1安打完封だったはず。翌年はオールスター...

プロ野球選手名鑑ネタ:その11

日本ハムの金子・稲葉両選手が今シーズン限りで引退。それぞれの入団時の寸評を当時の選手名鑑から。金子誠 内野手 19歳 1993年ドラフト3位 背番号30高校では2年夏、3年春、夏と3季連続で甲子園に出場。遠投110メートルの強肩で、しかも正確なスローイングを見せる守備の名手。100メートルを11秒5で走る俊足と運動能力は高いが、学業でも偏差値70以上という”頭”の持ち主でもある。早大進学の希望を断ち切ってプロ入りを決意し...

ご案内

プロフィール

ぐらみん

Author:ぐらみん
模型製作と小さな生き物の飼育が趣味。
中日ドラゴンズのファン。
MLBはコロラド・ロッキーズと、
トロント・ブルージェイズのファン。

ペンギン好きで、グッズを見かけると
ついつい購入。

スポンサーリンク


メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

カウンター

2005年4月26日スタート!

最近のコメント

<>+-

カレンダー&アーカイブ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 

ブログ内検索

タグ(サブカテゴリー)

全記事表示

全タイトルを表示

リンク

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
参加カテゴリー
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ





Twitter...

最新記事30件

スポンサーリンク



QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

右サイドメニュー