ぐらにっき

模型製作・生物や植物・スポーツ観戦など、趣味に関するブログ。

Entries

離島

一昨日のNHKで、絶滅種とされていたダイトウウグイスが喜界島で発見された、
というニュースをやっていました。本土のウグイスと比べて、羽の形や鳴き声が
違うなどの研究結果も紹介されていました。離島という閉鎖的な環境から、
そういった違いが発生したのではないか、との事です。

クワガタムシでも、この「離島のみに分布」する種はたくさんいますが、
自分で飼育するようになるまでは全く知りませんでした。
ヒラタクワガタならヒラタクワガタ、ノコギリクワガタならノコギリクワガタだけ、
つまり「亜種」というものがいる事を知らなかったのです。

クワガタに詳しい友人から話を聞き、専門書的な図鑑を見せてもらい、
自分でネットで調べてみて、日本にはこんなにもたくさんのクワガタが
いるのかと、びっくりしました。
中でも度肝を抜かれたのが「トカラノコギリクワガタ」。
なるほど、確かに体の形状はどこからどう見てもノコですね。
でも、明らかに違う、その体色。君は何故オレンジ色なんだい?

実物を入手してみて、最初は単純に「綺麗だな、スゴイな」と思っただけでした。
なぜ、これ程までに離島のクワガタは本土のものとは違うのかと、
色々と妄想?している内に、神秘的(と言ったら大袈裟かも)な部分に
魅力を感じるようになりました。

離島クワガタ(生物)のルーツは、どこなんでしょうかね。
太古の昔、その島々がどこに位置していたのか、
現在の日本列島が形成された頃の様子...
そこまでさかのぼる事になるのでしょうか。

元は本土のものと一緒だったのか? 
それとも、今で言う「外国」のものだったのか?
その中から、環境に「より適応した進化」をしたのか?
それとも、進化したというよりも、他が淘汰され生き残った結果なのか?

学術的な知識は完全にゼロなので、このような勝手な妄想を
してしまうのです(^_^;)離島のクワガタの、その独特の形状・色以外に、
そんな部分でも惹かれてしまうのです。

なんだか、まとまりのない文章になってしまいましたね(^_^;)
画像は、以前飼っていたトカラノコギリクワガタです。
こいつは本土ノコの亜種ではなく、「リュウキュウノコギリクワガタ」の
亜種との事です。複雑なんですね。

トカラノコ
関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ

スポンサーリンク


Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ぐらみん

Author:ぐらみん
模型製作と小さな生き物の飼育が趣味。
中日ドラゴンズのファン。
MLBはコロラド・ロッキーズと、
トロント・ブルージェイズのファン。

ペンギン好きで、グッズを見かけると
ついつい購入。

スポンサーリンク


メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

カウンター

2005年4月26日スタート!

最近のコメント

<>+-

カレンダー&アーカイブ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 

ブログ内検索

タグ(サブカテゴリー)

全記事表示

全タイトルを表示

リンク

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
参加カテゴリー
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ





Twitter...

最新記事30件

スポンサーリンク



QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

右サイドメニュー